これは、ホントにすごい。
この業界にはびこるありとあらゆる循環・悪循環を怒りに任せてメッタ斬り、ではなくてとても冷静に斬っている。その昔、多少なりとも活字の世界に身を投じていた自分としては……かなり痛い。作る側にも売る側(売ってはいないけど、広める側ではあった)にもなったけど、今思えば自分がとてつもなく勉強不足だったんだなあと感じる。
編集者も司書の人も書店の人も、「編集必携」を持つ前にこの本を持つべき。
自分が好きなこの紙とインクの物体って一体なんなのか、考えてしまう。
「東電OL殺人事件」の本を書いた佐野眞一の本。